TOPイメージ TOPイメージ TOPイメージ TOPイメージ

クラブ選手権2017

投稿者:Jr.ユース スタッフ(2017/05/09 15:56:54)
勝利すれば、関西大会出場権を勝ち取れる大一番となった最終節。懸命にゴールを目指しましたが、1点を奪うことが出来ずにスコアレスドロー、関西のステージに進出する権利を掴み取ることが出来ませんでした。

自分たちに足りなかった事を謙虚に受け止め、後期のリーグ戦、秋の高円宮杯に向け、今まで以上の努力を積み重ねる必要があります。大切なことは、今日の悔しさを忘れず、日常の取り組む質を高めること、その努力を継続することです。

望んだ結果は得られませんでしたが、今大会を通じての収穫もありました。
「前期リーグでは2ndチームだった選手がスタメンを勝ち取り、堂々と戦えていたこと」
「U14の選手が活躍し、チームを活性化させてくれたこと」
「第3位となり、この年代にとって初のトロフィーを獲得できたこと」…。
選手権での真剣勝負は、選手たちを一回り逞しくしてくれました。

また、U15(2nd)の選手を中心としたジュニアユース選手たちの応援は素晴らしいものがありました。彼らが今日の試合から何を感じ取り、これからにどう活かしてくれるか?今後の成長に期待したいと思います。

次へのキックオフは始まっています。
今まで以上の本気の取り組みを期待しています。

今大会を通して応援・サポートして下さった保護者の皆様、ありがとうございました。今回の経験を糧に、さらなる成長が出来るように取り組んでいきます。引き続き、熱いサポートをお願いいたします。

最後になりましたが、奈良県代表として関西大会に出場されるディアブロッサ高田FC、法隆寺FCの皆さん、おめでとうございます。関西大会でのご活躍をお祈りしています。

一覧へ戻る