TOPイメージ TOPイメージ TOPイメージ TOPイメージ

NFAスーパカップ2017(高円宮杯プレーオフ・チャレンジ)

投稿者:Jr.ユース スタッフ(2017/10/03 12:38:45)
U15/TOP・2nd

ジュニアユース年代の集大成として挑んだ大会は、残念ながら両チームとも望むような結果とはなりませんでした。振り返ると、全ての試合において、自ら勝利を手に入れるチャンスはあったと思いますが、そのチャンスをその時につかみ取ることができませんでした。それだけに悔しい気持ちでいっぱいです。「ここぞ」という場面で持てる力を発揮できなかったこと、それが今年のU15選手たちにとって現時点では超えられなかった課題となりました。

しかし、県内における主要大会(U13リーグ・クラブ新人戦・クラブ選手権・U15リーグ)において、常にベスト4入りできたことは十分評価に値すると思います。身体能力的には秀でた選手のいない遅咲きな年代でしたが、3年間での価値点はしっかりと積み上げることができたのではないでしょうか。この成果には誇りを持ち、今後の活動・中学校生活・高校受験、そしてユース年代に向けて、更に努力を重ねてほしいと思います。

「チャンスの神様は前髪しかない」(好機はすぐに捉えなければ後から捉えることはできない)という言葉がありますが、次こそはそのチャンスをその時に掴めるように!真剣勝負に臨んだからこそ得られた課題です。今後も真摯に向き合い、チャレンジを続けていきましょう。

私自身このままでは終われない、まだまだみんなとトレーニングしたいという気持ちはありますが、サッカーの試合同様、物事には期限があります。必ず次のステージで課題の克服を目指すことを約束し、お互いに明日への一歩を踏み出そう!

最後になりましたが、いつもサポートして頂き、温かく見守ってくださった保護者の皆様には、たいへん感謝いたします。本当にありがとうございました。クラブとしては、サッカーの活動で培った力を残りの中学校生活でしっかりと生かしていくことが、最も大切だと思っております。卒団まで、もう少し時間があります。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

一覧へ戻る